鈴江俊郎 戯曲

待つ

 

狼なら、独りぼっちで待つのです。
OL・マキは新興宗教の書に救いを求めて得られず俳句をひねって夜の街を眺めて笑うような孤独な女だ。

婚期を逃しかけている先輩OL、
誰彼なくプロポーズする不器用な係長、
妻子がいるのにマキに恋する同僚の男、
全てが破綻に向かっていく成り行きの中、
かすかな救いはやっぱり人の中にある、
と意地になって祈りたいのだ。
マキは、人だから。

1995年2月  劇団八時半公演 / KYOTO演劇フェスティバル大賞・脚本賞受賞
60分
6人(男3・女3)


…八時半通信8号掲載

※注文後の確認メールが届かないお客様へ【必ずお読みください】

特に「~@yahoo.co.jp」「~@hotmail.com」、携帯電話からのメールアドレスをご利用のお客様へ